人気ブログランキング |

夫の浮気②

c0381352_08311719.jpg

私がお嬢さんに同情したのは、もう一つ理由があります。

福岡ってね、女性が圧倒的に多いんです。男性が少ない上に、ステキな男性は早々に結婚してます。でもだからと言って、既婚者を狙うのは止めた方が良い。これは「人のモノを欲しがるな。」という狭量から言っているのではありません。そもそも、どんなに好きで一緒になったとしても、夫は私の”モノ”ではないのです。私は夫が「他に好きな女性ができたから別れてくれ。」と言ってきたら、受け入れます。「ああ、私に魅力がなくなったのだな。」と思うでしょう。だって、外には沢山の魅力的な女性が溢れています。「婚姻届」で人の心は縛れません。好きになる気持ちは、止められないから。

では何故、既婚者とどうこうなるのは止めた方が良いのか。それは、時間の無駄だからです。まともな既婚男性は、そういうアプローチになびきませんし、まともじゃない既婚男性は、家庭は壊さず、不倫相手の若さだけを搾取しようとするでしょう。そんな男のために、20代の貴重な時間と肉体を使っては駄目。

稀に、ごくごく稀に、財力があり地位も名誉もある男性が「妻と別れる気はない。」と宣言した上で、普通の20代の女性が味わえないような教養や知識、贅沢を与えてくれることがあります。しかしそれは一握りの男性です。そんなもの、ドラマや映画のなかだけだと思っておいた方が良いでしょう。

同年代の男の子に比べたら、年上の男性は頼りがいがあり大人に見えるかもしれない。でも、狡猾な男も多い。それが見抜けない場合、待っているのは悲惨な結末だけ。その事に気がついてに周りを見渡した時、友人も、若さも、信用も、全て失っている可能性があるのです。同性として、そんな風になってほしくないのです。

さて前回、『勝手にスマホを見て他の女性とのやり取りを発見した場合、相手を攻め立てるのは最も駄目なやり方』と書きました。では、どうしたら良いのか。私が相談を受けてアドバイスしたなかで最も効果的だった方法は、「見たことは言わない、見た内容は責めない、しかし、”浮気”の時点で潰す。」です。

パートナーが「もしかして、浮気がバレてる?」と疑心暗鬼になるまで、しっかり追い詰める事。他の女性と約束をしている日にあわせて、一緒に出かける用事を作る。「あなたのそういうところ大好き!! 一緒に暮らせて楽しい。」と褒め殺す。「この前〇〇さんが『〇〇で旦那さん見たよ。』って言ってたけど行った?」と不思議そうに突っ込む。「友人から『旦那さんが浮気してるらしい。』って相談されたの。なんで浮気なんかするんだろう、悲しいな。」とか言ってみる。旦那さんが焦りだし、「こんな良い奥さんなのに、俺が悪かった。」と反省し、自ら相手を切るまで。

後ろ暗いことがある人の場合、正論で責め立てても、私の知人のように逆ギレされるだけです。嘘をつけ、と言ってるのではありません。本当のことを言わない方が良いこともある、ということです。

↓いつもありがとうございます
# by restyle0906 | 2018-12-26 08:39 | 日々のこと

夫の浮気①

c0381352_10245306.jpg

知人から相談を受けました。

旦那さんのスマホをこっそり見たら、どこかのお店の女の子や、取引先の女性とのやり取りが残っていたそうです。内容を聞く限りシロに近いグレーの様な感じがするのですが、彼女は「絶対にクロ!! 浮気している。」と言い張る。「そのやりとりを発見した後、どうしたの?」ときくと、泣いて喚いて責め立てたそうです。

はい。これ最も駄目なやり方です…。

「『勝手に人のスマホ見るなよ!!』って逆ギレされたでしょ?」と返したら、案の定そうでした。クロであろうとシロであろうと、それが普通の反応だと思います。稀に優しい声色でなだめる男性もいますが、まあ、ほとんどの人は内心、「ああ、面倒くせー。」とげんなりしていると思います。

それにしても、彼氏や夫のスマホを勝手に見る女性、多いですよね。私の人生の教訓は、「パートナーのスマホは見ない。」です。昔だったらPHSや携帯電話ですね。今まで1度も勝手に見たことはありません。それから財布も見ない。見たって、碌なことはないと思っています。それで浮気が発覚して破局したり、離婚に至ったケースが、私の周りには少なからずいます。

勝手に見る女性の言い分として、「自分のスマホも見てもらって構わない。愛し合っているのだから隠し事はない。」と言うのがあるのですが、自分が平気だからと言って、同じ行為を相手に強要する女というのは、幼稚で傲慢だな、と思います。そもそも、愛し合っていると主張するのなら、その愛を疑ったりしてはいけません。

因みに我が夫は、20年余りの結婚生活の中で、浮気はしたことはないと思います。ただ、彼が気がついていないアプローチ、もしくは、”気がついていても気がつかないふりをする”ようなアプローチは、あったと思います。

以前、夫が取引先の20代の女性を、自宅に車で送ってあげた事がありました。帰宅するなり、「『後輩の事で悩みがあるから相談にのってほしい。』って言われてさ〜。自宅に着くまで話をきいたよ〜。」と報告。私も「まあ、物騒だしね。帰り道だし良かったんじゃない。」と答えたのですが、次の日車に乗ったら、助手席のドアポケットにシュシュが入ってました(笑)

私への挑戦状だったと思われるのですが怒りは全く無く、寧ろそのお嬢さんに同情してしました。「ゴメン、知ってた。旦那は喋っちゃったよ。」って。そのシュシュはしばらくそのままにしていました。「忘れちゃいました、すみません。」と言ってくるかな? と思ったのですが、その度胸はなかったようです。私が使うわけにもいかず、後日捨てました。そのお嬢さんも、どう迫ってもなびかないと悟ったのか、夫に連絡することは無くなったようです。

そしてこのパターン、何度かありました(笑) 置かれていたものは人によって違いましたけど、アクセサリー類が多かったです(笑)


↓いつもありがとうございます


# by restyle0906 | 2018-09-27 10:34 | 日々のこと

シャネルのゴマージュ

c0381352_07530031.jpg

シャネルの「ゴマージュ ミクロペルレ エクラ」を買いました。

20代の頃は、とにかく外資系の化粧品ばかり使っていました。特にシャネルが大好き。商品はもちろん、広告ビジュアルも、パッケージも、何もかもが好きでした。お店から届く新商品の案内など、今もいくつかとってあるのですが、20年経った今でも目を奪われる美しさです。

ですが、年を重ねて、香料がきついものが駄目になって、特に口紅が苦手になりました。発色の良さは好きだったんですけどね…。

シャネルの商品で現在も愛用しているのは、香水とゴマージュのみです。ゴマージュは、もうずっと使っていて、かれこれ17年のお付き合い。他のブランドも使ってみましたが、結局これが一番良い。使い心地が抜群に良いし、香りも優しいです。これはずっと取り扱ってほしい商品です。

↓いつもありがとうございます

# by restyle0906 | 2018-09-25 08:03 | Le Style

『一髪、二化粧、三衣装』

c0381352_07441351.jpg

ヘアサロンに行ってきました。

私が行っているお店は、スタイリストによってカットの料金設定が違います。今担当してくれている男性は、もう10年以上の付き合いです。だんだん出世していったので、金額も上がっていきました。ま、おめでたいことですね。

スケジュール帳を確認してみると、だいたい2ヶ月ごとに行っています。トップスタイリストに切ってもらい、トップカラーリストにヘアカラーをしてもらい、トリートメント、ヘアエステ、シャンプーの購入などで、1回の金額は30,000円前後です。年6回行っているので、総額180,000円くらいですね。

年180,000円という金額を高いと思うか安いと思うかは、人それぞれでしょうが、私は妥当な金額だと思っています。20代の頃は髪の癖が本当にひどくて、ずっとストレートパーマをかけていました。それでも雨の日はまとまらなくて、気分が落ち込んだものです。

でも今のヘアサロンに行くようになってから、ストレートパーマはかけていませんし、スタイリング剤も使っていません。朝起きて、ブラッシングのみで即外出OK。私の髪質を考えた髪型と定期的なメンテナンスで、家族はもちろん見ず知らずの方にも「髪キレイ。」「髪型も髪色も、ステキ。」と言ってもらえるまでになりました。

昔から『一髪、二化粧、三衣装』という言葉がありますが、40代になると「まさにそれ!!」と実感します。髪型さえ決まっていれば、服やバッグにそこまでお金をかけなくても、女性はきちんとイケて見えると思います。

生活感が出やすいパーツだからこそ、しっかり手をかけてあげたい。これからもメンテナンスを続けて、今のコンディションを維持していきたいと思います。

↓いつもありがとうございます

# by restyle0906 | 2018-09-21 07:47 | Le Style

秋冬のクローゼット

c0381352_10554947.jpg

そろそろ秋冬の服について考えたいところですが、暑すぎるせいか、街なかのディスプレイを見てもいまいちピンときません(笑) とりあえず夏の間にさんざん使ったカゴバッグたちは、お手入れをして収納しました。

長袖と七分袖のカットソー、薄手のコートがあるので、本格的に寒くなるまでのつなぎは問題ないのですが、冬のセーターは何枚か入れ替えないといけません。ブラックは大丈夫ですが、それ以外のカラーは買い替えないと…。

因みに、私の肌はブルベ・サマーです。肌の色にあう、ラズベリーやフューシャ、ラベンダー、スカイブルーあたりのカシミヤのセーターがあれば購入したいです。ブラックのコートに合わせるカシミアの大判ストールも、13年使っているものがそろそろ限界なので、同じフューシャピンクで探す予定です。

ジャケットやコートは、購入予定はありません。ましてや、今年の流行りなのか、どこに行っても置いてあるショート丈のマウンテンパーカー(ショートマンパ?) は、絶対に買いません(笑) あれは何気にコーディネートが難しい。使い回しがきかないと思います。コーデをググってみたけど、もっさりしていて、あまりステキじゃないですね。

まあ、予算というものがあるので、じっくり考えて購入したいと思います。

↓いつもありがとうございます

# by restyle0906 | 2018-09-20 10:58 | Le Style